銅銭会事変どうせんかいじへん
女から切り出された別れ話 天明六年のことであった。老中筆頭は田沼主殿頭、横暴をきわめたものであった。時世は全く廃頽期に属し、下剋上の悪風潮が、あらゆる階級を毒していた。賄賂請託が横行し、物価が非常に高 …
作品に特徴的な語句
胡麻化ごまか 藁葺わらぶ 仄白ほのしろ 蹴出けだ 笑靨えくぼ 奢侈しゃし 優男やさおとこ 其角きかく 冤罪えんざい 手頼たよ 海棠かいどう 手甲てっこう そむ 朧月おぼろづき 肩衣かたぎぬ 潜戸くぐり 化物ばけもの 引導いんどう 生地きじ 算木さんぎ 千住こつ 中年増ちゅうどしま 飽気あっけ 午前おひるまえ 尾行つけ 巣窟すみか 初鰹はつがつお 御台所みだいどころ 指金さしがね 柏手かしわで 社稷しゃしょく 仄明ほのあか しい 気不味きまず はや 女将おかみ 精々せいぜい 生擒いけど 囲繞とりま 大髻おおたぶさ 媾曳あいびき 政事まつりごと 間々あいだあいだ ひのえ 往昔おうせき 傀儡かいらい 囚人めしゅうど 仄々ほのぼの 確実たしか ざん へつら 薬師くすし 情婦おんな 深夜よふけ 破落戸ごろつき 被衣かつぎ 所業しわざ 逆捻さかねじ 石碑いしふみ 西蔵チベット 土鼠もぐら 公孫樹いちょう 売卜者ばいぼくしゃ 有名なうて 幾多いくた 枢機すうき 紅色べにいろ 健康じょうぶ 悪漢わるもの つくり 地下じげ うね 報告しらせ 強面こわもて 下剋上げこくじょう 彫刻ほり 卦面けめん 菊石面あばたづら 伝言ことづて 逝去せいきょ 業突張ごうつくば 関係つながり むだ 急々如律令きゅうきゅうにょりつれい 河面かわも 紅霞こうか 他行よそゆ 仕損しそこな 下情かじょう 帙入ちつにゅう みずのえ 家治いはえる 木偶坊でくのぼう 啼音なきね 前庭にわ 恋文ふみ 美婦たぼ 耳髱みみたぶ