銅銭会事変どうせんかいじへん
女から切り出された別れ話 天明六年のことであった。老中筆頭は田沼主殿頭、横暴をきわめたものであった。時世は全く廃頽期に属し、下剋上の悪風潮が、あらゆる階級を毒していた。賄賂請託が横行し、物価が非常に高かった。武士も町人も奢侈に耽った。初鰹一 …
作品に特徴的な語句
じま わかもの せき 住居いえ あい うしろ おつ こう 関係つながり なくな 午前おひるまえ あだ 憤怒いきどおり とと 他行よそゆ おい 健康じょうぶ うん 表面おもてむき おとな 石碑いしふみ いで ため しん 反対むこう つくり 憐愍あわれみ 巣窟すみか 寂然しん たか あた ちげ 以前まえ あた あや いじ 自由まま 前庭にわ うつろ 有名なうて 書物ほん しわぶき 情夫いろおとこ 恋文ふみ かた 彫刻ほり 帙入ちつにゅう たく なの 一所ひとところ 間々あいだあいだ 逆捻さかねじ あだ いい 藁葺わらぶ 薬師くすし 美婦たぼ きたな がゆ じじい 燈火ともしび 焚焼ふんしょう 潜戸くぐり 深夜よふけ 浦田ほだ こぼ 此奴こやつ はん ぼか がら 情婦おんな こわ 恍惚うっとり 往昔おうせき 彼奴きゃつ たむ 家治いはえる 姿なり わたし 仕損しそこな 報告しらせ 仄白ほのしろ むだ 囲繞とりま 千住こつ ひのえ 奢侈おごり すさま 如何いかん すが おおやけ