“うり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
78.6%
15.0%
2.1%
胡瓜1.4%
売却0.7%
宇利0.7%
0.7%
真瓜0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ツの類型土器各地からるのである。それからへても、大仕掛土器製造したとへる。
に来る支那人にたのです何より先に個奴に問うが一番だと思いましたから明朝沢山に筆を買うから己の宿へ来て呉れと言附て置ました
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
のためか深張傘をさして、一度、やすもの肴屋へ、お總菜ひにたから。
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
止め然いふ此方は遠州相良水呑村から來なされたか如何にも我は水呑村の百姓なりハヽア胡瓜の種は盜とも人種は盜まれぬとハテ見れば見る程ない十六年以前た兄九郎右衞門がの九助ぢやなお前は伯父の九郎兵衞樣かと吃驚馬より落手に手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
娘をる心とてはなく、かへつてその身の衣服まで売却なして今は親子三人が着のみ着のままなる困苦をば、ひとへに夫の意気地なきに帰して、夫を罵り、お袖にあたり
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
赤帽で昼飯を食べていた伝さんのところへ、降車口の改札係の宇利氏が、ひょっこりやって来て、いきなり云った。
三の字旅行会 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
と云う内にも、襤褸切や、の皮、ボオル箱の壊れたのはまだしもで、いやどうも、言おうようのないが目に浮ぶ。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
怪我をした時に赤土を押し当てて血を止める事。渋柿を吊して露柿を造る事。胡栗を石で割って喰べる事。種子いて真瓜を造る事。
猿小僧 (新字新仮名) / 夢野久作萠円山人(著)