“うら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウラ
語句割合
41.7%
16.2%
11.8%
8.8%
6.5%
3.8%
3.1%
1.2%
裏面1.1%
0.7%
0.6%
0.4%
0.4%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
二回0.2%
0.2%
二度0.2%
反對0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
二会目0.1%
二回目0.1%
0.1%
寺後0.1%
屋後0.1%
彼方0.1%
0.1%
後圃0.1%
怨憤0.1%
0.1%
0.1%
木末0.1%
0.1%
盂蘭0.1%
0.1%
裏口0.1%
裏道0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも貴公は、きゃつらに何の怨みもないか! いやさ、吾々と力をせて、そのみを思い知らせてやるという気が起こらぬのか
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日頃んでいたおせいが、この上二重三重の不倫を犯したとしても、まだおつりが来る程有難く、かたじけなく思われたに相違ない。
お勢登場 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
友染に、白羽二重をかさねて、つた、衣絵さんが手縫服紗袋んで、つた、小鍋である。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
常磐津浄瑠璃に二代目治助が作とやら鉢の木を夕立の雨やどりにもじりたるものありと知れどその曲をきく折なきをみとせり。
夕立 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
千葉県の上空から西南を望んだとすると、東京湾が見え、その先に伊豆半島が見える位が関の山だが、赤外線写真で撮すと
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
村はらかな日にんでいた。麦は色づき始め、菜の花が黄色く彩どっていた。が山に鳴き家々の庭には沈丁香の花がっていた。
掛りのやうな奉公人のやうな、店中の者にやまれる樂な奉公をさして頂き、それから引續いて、今の御主人の厄介になつて居ります。
彼等町を枯骨の上に建て、はじめてこの處をえらべるものにみ、によらずして之をマンツアと呼べり 九一—九三
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
谷山家の養子事件を裏面からアヤツリ廻して来た、冷血残忍なAの手の動きを、ハッキリと見透かしながら、お話する事が出来るのですからね……。
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「なんしろ、俺の身体は頭の上に毛が幾本あって、足のに筋がいくつあるということまで、ちゃあんと呑込んでる先生だから、一目で見破られちまった」
始めは戯れならむと思ひしが、その容貌の青ざめたるさへあるに、夜の事とて共に帰らぬ弟の身の不思議さに、何処にてと問ひければ、東禅寺にて、と答ふ。
鬼心非鬼心:(実聞) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
北国より人ありての大さの夜光の玉あり、よく一す、よきあらばんといひしかば、即座に其人にして、其玉たし
篠笹の葉のにも、何処にもすべて行きわたらないところはないやうな気がした。
赤い鳥居 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
「これはローリーさんの記念の写真で、がアメリカへ行った最初の年の写真やはけ、これだけは残して置きたいと思うのやが」
ノア (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
「だつて、そのだア。お前さアばか、勝手な真似して、められるはねえだ」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
いきどほりにしもて裏の児の咲ちやんをよびあそびけるかな
小熊秀雄全集-01:短歌集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
明きの方ということは雷さまの年を越した方角のことで、それによって村老はまた田作りの豊凶をした。
雪国の春 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
いま花魁の出ているは矢ッ張り軍艦のお客で、今夜は二回をかえしにお出でなされたんでげすから、疎末にはしない、りに一昨夜不勤を詫していると、新造が廊下から
粕谷八幡はさしてくもないので、大木と云う程の大木は無い。御神木と云うのはれた杉の木で、此はで高処だけに諸方から目標になる。烏がよく其枯れた木末にとまる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
それで取まわしがいゝ、誠にいところへ手の届くようにせられましたから、何うもりぱなしで二度を返さずにおくことが出来なくなる。後朝のわかれにもとなく帰しともない様子があって
人の高く登るを見て己が及び名を失はんことをおそれ悲しみてその反對を求むる者あり 一一八—一二〇
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ただ胸が冷たくなると、一層あたりがしんとしてしまった。ああ、何と云う静かさだろう。この山陰の藪の空には、小鳥一羽りに来ない。ただ杉や竹のに、寂しい日影がっている。
藪の中 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
(一) 子曰く、学びて時に習う、(悦)ばしからずや。有朋(友朋)遠方より来たる、亦楽しからずや。人(己れを)知らざるもみず、亦君子ならずや。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
学而篇初章の第三句、「人知らざるもみず」と同じ意味の言葉が、この篇の末尾に置かれていることを軽視してはならない。それはこの第三のテーマがここに展開せられたことを示すのである。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
女房もそれなりに咽喉ほの白う仰向いて、目を閉じて見る、胸のの覚え書。
海異記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
只今ならばに警察署へ訴えになりまして相当の御処置が附きますが、其の頃は初会というと座敷と云って、顔を見たばかりでお客が得心で帰り、二会目に馴染が附き、漸くお床と云う
音羽のへ来る客は有りますけれども、二回目の返ったがないから無心をいう人がありませんが、此の番頭新造は親切ものゆえ、種々心配いたし
今彼は、クリストに從はざることのいかに貴き價を拂ふにいたるやを知る、そは彼このしき世とそのとを親しく味ひたればなり 四六—四八
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
と、心の目で、雪之丞が、もはや、寺後を抜けて、塀さえ越してしまったのを、見届けてつぶやいたが
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
井戸辺に出ていたのを、女中が屋後に干物にったぽっちりのられたのだとサ。矢張木戸が少しばかしいていたのだとサ」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
と先に立ちて行く後より、高田も入りて見るに、壁の彼方にも一室あり。畳を敷くこと三畳ばかり。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
さ行つて、川ば見てれば、秋味の野郎、背中ば出して、泳いでるのに、三ヶ月も魚ば喰はねえつてあるか。糞ツたれ。そつたら分らねえ話あるか。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
ろにげて鉄縁の近眼鏡に打ちながめつ「あア、老女さんですか、大層早いですなア——先生は後圃で御運動でせウ、何か御用ですか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
最早すっかり無くなった時分にはとうとう姿を隠して家を逃げてしまった、残された老婆は非常に怨憤落胆して常に「口惜しい口惜しい」といっていた。
暗夜の白髪 (新字新仮名) / 沼田一雅(著)
「生きかえって後に、また約束をやぶるようなことがあってはいけないです。どうか私のむくろを取って来てください。私はあなたの家で生きかえります。私はすこしもむことがないのです。」
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
らかに晴れ静まった青空には、洋紅色の幻覚をほのめかす白い雲がほのぼのとゆらめき渡って、遠く近くに呼びかわす雲雀の声や、頬白の声さえもやかであった。
木魂 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
板塀の上に二三尺伸びている夾竹桃木末には、のいがかかっていて、それに夜露が真珠のように光っている。が一羽どこからか飛んで来て、つと塀のうちに入った。
阿部一族 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
露台の硝子越しに見える松の並木、その梢の間に閃いている遠い海面の濃い狭い藍色。きのう雪が降ったのが今日はらかに晴れているから、幅広い日光と一緒に、潮の香が炉辺まで来そうだ。
海浜一日 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
昨夜盂蘭盆ノ送リ火ヲ済マスト間モナク颯子ハ出カケテ行ッタ。夜ノ遅イ急行デ京都ヘ行キ、祇園会ヲ見物スルノダト云ウ。
瘋癲老人日記 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
かくて我曰ひけるは、汝等の状態はわがに侮りにあらで大いなる俄に消え盡し難き憂ひを宿せり 五二—五四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
露地にいた足駄の跡を避けて、小僧に案内させた藤吉は子分二人を引具して家について裏口へ廻った。
「女の足だ、先は裏道の嶮しいところとも知らずに、その平地な方へ向ったにちがいねえ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
終世 まず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
守護給ふ物成らんと又妹お富も長庵にかれて此丁字屋へれ來しかば姉妹手と手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
そしてヨブの所に来り見れば往日の繁栄、往日の家庭、往日の貴き風采悉く失せて今は見る蔭もなく、身は足のよりまで悪しき腫物に悩み
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)