瘋癲老人日記ふうてんろうじんにっき
十六日。………夜新宿ノ第一劇場夜ノ部ヲ見ニ行ク。出シ物ハ「恩讐の彼方へ」「彦市ばなし」「助六曲輪菊」デアルガ他ノモノハ見ズ、助六ダケガ目的デアル。勘弥ノ助六デハ物足リナイガ、訥升ガ揚巻ヲスルト云ウノデ、ソレガドンナニ美シイカト思イ、助六ヨリ …
作品に特徴的な語句
しょ そゝ いじく 眼眩めまい 一越ひとこし 冷奴ひやゝっこ つとむ ゆるが 気色けはい から 云附いつ りき しる はず おだ 白眼しろめ 紛紜ふんぬん わた いさかい おぶ のろ くが たか やわ すゝ 団欒まどい 執拗しつこ 堪忍かに 岐路えだみち いたずら ほしいまゝ たしか 把手とって しな こす 日焦ひやけ ぼか きま 歯齦しぎん こぼ よご ぱな 浮腫ふしゅ ひそ きらめ ちが なま あば たゝ 絵心えごゝろ きれ あやま のぼ 上気のぼ 不便ふびん いつ 仕種しぐさ たくら かし 億劫おっくう 先様さきさま 内股うちまた 出銭でせん 勢子せこ はこ 単衣ひとえ 卯木うつぎ 反芻はんすう 台石だいいし 呆気あっけ のど わめ けしか 四阿あずまや せき かたまり こわ 大人おとな 嫁女よめじょ なだ ちい 性急せっかち 怪訝けげん なさけ 憎体にくてい ふところ 所業しわざ 手翅てば こしら ちょう てのひら 揶揄やゆ