“うしろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウシロ
語句割合
背後49.4%
35.2%
後方7.2%
3.8%
背面0.8%
後部0.7%
後背0.7%
脊後0.4%
背景0.2%
0.1%
後面0.1%
背部0.1%
後頭部0.1%
過去0.1%
屋後0.1%
屋背0.1%
彼方0.1%
後姿0.1%
後見0.1%
後頭0.1%
最後0.1%
有背後0.1%
肩後0.1%
背裏0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
西0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
庚申塚のある四辻を右の方に折れ曲ろうとすると、塚の背後の根本に藁畔をしてある禿榎の梢に止っていた一羽の烏がついと飛んだ。
(新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
その時A操縦士がちらとをふりかえった。風はますますしくなって、そのうえ雨さえ加わって来たので機体は無茶苦茶に揺れた。
飛行機に乗る怪しい紳士 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「ああ!」とおかみさんがえた。「後方にラプンツェルがってあるのよ、あれをべないと、あたしんじまうわ!」
二郎はいたくい、椅子のに腕を掛けて夢現の境にありしが、急に頭をあげて、さなりさなりと言い、再びを閉じ頭をれたり。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
大層遅かったではないか、と云いつつ背面へ廻って羽織を脱がせ、立ちながらに手伝わせての袖畳み小早く室隅の方にそのままさし置き
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼のえた本棚には硝子戸後部も着いていなかった。塵埃の積る位は懐中に余裕のない彼の意とする所ではなかった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
切りたるぞへ給はれと云ふ間あらせず重四郎は心得たりと一りと拔より早く練馬藤兵衞を後背よりばつさり袈裟掛に切放しければ是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
児太郎は、くるっと脊後向きになると、肌を脱いでみせた。美しいふた峯の脊すじに、幾すじとない紫色を帯びた鞭のが、逡巡としてまざまざと残っていた。
お小姓児太郎 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
一つ立てずに薄眼を開いてぼんやり首を眺めていると、首は青竹に突き刺さって仔細あり気なめっ面、顔一面に血糊がって流れて灰色の雲低い空を背景に藤吉を見下ろしているところ
一妓社のに入りて立かへり石の水盤たる水をひしはりしならん。
洲の後面の方もまた一尋ほどの流れでと隔てられたる別世界、まるで浮世のなまぐさい土地とは懸絶れた清浄の地であったままり歓び喜んで踊躍したが
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
服装筒袖式桃色衣服頭髪左右けて、背部でくるくるとまるめてるところは、ても御国風よりは唐風いもので
おまけに、金仏光りに禿上っていて、細長い虫のような皺が、二つ三つ這っているのだが、後頭部のわずかな部分だけには、嫋々とした、生毛みたいなものが残されている。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
正太や豊世がかわるがわるやって来て、長火鉢の側でよく話したことは、何となく急に過去に成った。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
一坪程の小さな草舎がある。屋後には熊の髑髏の白くなったのや、まだ比較的しいのを突きした、熊送りに用うるアイヌの幣束イナホなどが十数本、立ったり倒れたりして居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
流石に信濃の国なれば、鮒をかしらにはあらざりけり、屋背の渓川は魚まず、ところのものは明礬多ければなりという。いわなの居る河は鳳山亭より左に下りたる処なり。
みちの記 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その途端、女房はキャッと叫んだ、見るとその黒髪を彼方引張られる様なので、女房は右の手を差伸して、自分の髪を抑えたが、その其処へ気絶してれた。
因果 (新字新仮名) / 小山内薫(著)
西日にはむきて居るならし後姿ぶかき四五の女童
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「……紅蓮、大紅蓮、紅蓮、大紅蓮……」と後見をつけたものがある。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
こんな事を言つて、後頭にだけ少しの残つてゐる滑かな頭をつるりと撫でて見せた。は笑つた。笑ひながら多吉は、此の老人にもう其の話を結末にせねばならぬ暗示を与へる事を気の毒に思つた。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
くくし上げられた老人と老婆は、一隊の最後に引き据えられた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あわてて有背後に隠して、おやじめ皮肉なことをしやアがる……隣近所、気まずい眼顔をあわせていると、シーッ! シッ! と警蹕の声。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
振り向きて肩後へし張箪笥の上より、庄太郎の為には、六韜三略虎の巻たる算盤、うやうやしく取上げて、膝の上に置き、上の桁をカラカラツと一文字に弾きて、エヘント咳払ひ
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
稲荷堂の、背裏から、もぞもぞと這出して、落ちた長襦袢に掛って、両手にんだ、葛木を仰ぎ見て、夥多たび押頂いたのは赤熊である。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
所が悲しい事には支那人の頭は前の方をて居るから旨く届かぬ僅に指先で四五本だが其中に早や支那人の長い爪で咽笛をグッと握まれ且つ眉間を一ツ切砕かれウンと云って仰向にへ倒れる
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
舟といえば、この渡しの舟の形はおかしい、もない、ひきがえるを踏みつけたようなペッタリした舟だワイ、あちらの岸の舟もそうだ。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
の、屋根が破れて物がはいらずにあるから、板を載せて置きやしたが、の大きな納屋が明いて居りやんして、別に物をれないようでがんすが、旦那様彼処
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それから的を見透すというと、これは、これは、これは、これは西ということが明瞭とわかるのでござる
大菩薩峠:14 お銀様の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)