お小姓児太郎おこしょうこたろう
髪結弥吉は、朝のうちのお呼びで、明るい下り屋敷の詰所で、稚児小姓児太郎の朝髪のみだれを撫でつけていた。快よい髪弄りで睡不足の疲れが出て、うとうとと折柄膝がしらを暖める日ざしに誘われながら、い睡りをつづけていた。 頸すじが女のように白くたわわ …
作品に特徴的な語句
ああ 微笑わら うらめ 打棄うちすて 蜻蛉かげろう うる 其方そのほう かっ いつ しお 凝然じっ 慄毛おぞげ かか 揶揄からか 羽掻はが かか ばかま 逆上のぼせ しま 何処どこ 何時いつ 俯向うつむ ぬす 優肩やさがた 其方そち 凄艶せいえん りん 凝視みつ 刺戟しげき 匹夫ひっぷ かえ 口入くちいれ たた 可憐かれん かな ども 呆然ぼうぜん のろ 呵責かしゃく 命咐いいつけ のど 喉笛のどぶえ 執念しゅうね 声音こわね ねた 嫉妬しっと 孔雀くじゃく 宿直とのい 寵愛ちょうあい 対手あいて 小柄こづか とが かす とお 忿怒ふんぬ うら こら 恍惚こうこつ 手拭てぬぐい 折檻せっかん 故意わざ たお 斯様かよう 昂奮こうふん さら すもも 柄糸つかいと おり くし ゆが 殿宵とのい なみだ にじ 無聊ぶりょう 町家まちや あと 益々ますます ねむ