“喉笛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
のどぶえ98.6%
のどぶゑ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あんなたらしい目に逢はせた、惡者を擧げて下さいますやうに。私はもう、喉笛へ噛み付いてやりたいやうな心持になつて居ります
銭形平次捕物控:180 罠 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
と、啓之助をゆすっていると、どこからか、ヒュッ——と風を切ってきた矢が、三次の喉笛を貫いて、白い矢羽を真ッ赤に染めた。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土間に板を置いて、薄べりを敷いただけの客席、その丁度中ほどに、座頭の天童太郎は、喉笛を刺されて、血の海の中に死んで居るではありませんか。