“のどぶえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喉笛66.1%
咽喉笛23.9%
咽笛4.6%
咽喉1.8%
喉吭1.8%
0.9%
吭笛0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、啓之助をゆすっていると、どこからか、ヒュッ——と風を切ってきた矢が、三次の喉笛を貫いて、白い矢羽を真ッ赤に染めた。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
片腕の影がすすり泣いていると思ったのは耳のあやまりで、ケケケッ! と、けもののように咽喉笛を鳴らして笑っていたのだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
と云う所を、押倒しざま林藏が差して居ました小脇差を引抜いて咽笛へプツーリ突通す。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
というも構わず手元へ引寄せ、お賤の咽喉へ鎌を当てプツリと刺し貫きましたからりません、お賤は悲鳴を揚げて七顛八倒の苦しみ、宗觀と音助はりし
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
衆と共にあやしみとゞまりてうちまもりゐたりしが、その外部ことごとく紅なる喉吭を人よりさきにひらきて 六七—六九
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
右の手はアリスチドのを掴んでゐる。周囲の人がなか/\その手を吭から放すことが出来なかつた。
センツアマニ (新字旧仮名) / マクシム・ゴーリキー(著)
紐をゆるめてね返るまでには、半分は本気で半分は笑談のような無言の争闘がしばらく続いたが、起きあがってみると、ぐったりとした吭笛のところは
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)