“くび”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クビ
語句割合
60.0%
17.5%
11.0%
3.0%
首級1.8%
1.2%
馘首1.0%
0.8%
0.8%
0.6%
頸部0.4%
0.3%
頸首0.3%
0.2%
生首0.1%
0.1%
0.1%
失業0.1%
0.1%
罷免0.1%
頚部0.1%
0.1%
頸筋0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小腰をかがめて小舞を舞うているのは、冴々した眼の、白い顔がすこし赤らみを含んで、汗ばんだ耳もとからへ、頬から
大橋須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
くなりぎたつたて、大變丁寧挨拶をしたので、宗助椅子狼狽かした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
三味線堀の中山半七郎が、風呂の帰りを路地の中で襲われ、自分の手拭でり殺された上、家の中は滅茶滅茶に荒されていたのです。
こと細かに申し上げても仕方のないことですが、この不景気と事業不振で先月の末に二十人ぐらいの工員のを切ったのです。
五階の窓:03 合作の三 (新字新仮名) / 森下雨村(著)
東の空は、ほのかに、めいて来るし、吉良上野介の首級は、白小袖に包んで、槍の穂にりつけて高く持っているのである。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
陪審人が僧正の夕餐にるためには、罪人が一人り殺される——って。だいたい、父という人物が、そういった僧正みたいな男なんです。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
会社の方はべつに馘首にはならなかったが職場を変更されて、採炭には直接関係のない坑外の人車捲きの係りに廻された。
夕張の宿 (新字新仮名) / 小山清(著)
型のくずれた中折を冠り少しひよわな感じのするから少しった肩のあたり、自分は見ているうちにだんだんこちらの自分を失って行った。
泥濘 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
老人はいながら、顔の向をへ変える。れたに、行き所を失った肉が、三筋ほどられて肩の方へり出して来る。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
橋のに眠りし犬をあげてその後影を見たれどえず。あわれこの人墓よりや脱けでし。に遇いれと語らんとてかくはさまよう。彼は紀州なり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それがお前、お美野さんの頸部を見りゃあ案の定、ありゃ細引きで縊れたもんじゃあねえ。もっと幅のある、こうっと、手拭いででも絞めたもんだ。手口は一眼でわからあな。
更に「し人を殺すをまざる者有らば、天下の民皆を引いてこれを望まん、誠にかくの如くんば民のこれに帰するほ水のきに就くが如し、沛然として誰かくこれをがん」
永久平和の先決問題 (新字新仮名) / 大隈重信(著)
千鈞の重さで、すくんだ頸首獅噛みついて離れようとしません、世間様へお附合ばかり少々櫛目を入れましたこの素頭捻向けて見ました処が、何と拍子ぬけにも何にも
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
縮却項暗嗟吁 縮却め かに嗟吁
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
「たった今、この庭へ、二十七、八の浪人が、女の生首をかかえ、血刀を引ッさげたまま、逃げこんで参ったのを、御承知はあるまいか」
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
憎むが如く、笑うが如く、また泣くが如く——そこに屈んでいた人間は、女の生首を、手から、転がして、また頬摺りをした。
無宿人国記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれそのなる時になりて、御懷より劒を出だし、熊曾が衣のを取りて、劒もちてその胸より刺し通したまふ時に、その見畏みて逃げ出でき。
その衣を取りてき出でて、を拔きてうち殺したまひき。
刑吏は曾を捕えて厳しく訊問した後に、とうとう極刑を以て、処分することになった。それは手足を切りおとし、次にを斬って死刑に処するのであった。
続黄梁 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
反対に、出刃を振廻したとか、振廻さぬとかで、結局失業になって此方、ブラブラして居る。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
と膝に手を突いて起上りますると、鼠小紋常着寝着におろして居るのが、汚れッが来ており、お納戸色下〆を乳の下に堅くめ、れたように痩せて居ります。
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
丁度その頃、静粛で品行の正しいことをあれほど愛好した哀れな例の教師が、あまり馬鹿げていたためか、それとも何か他に原因があってか、とにかく学校を罷免になったのである。
そして、博士が静かに屍体を抱き上げると、モウパア警部が、その頚部に固く食い込んでいる窓掛の紐を解いた。
ロウモン街の自殺ホテル (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
文久慶応の頃は人心の殺伐な時で、辻斬がしばしば行われた。源三郎は或夜御成道で何者にかを斬られた。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
その正木博士の二十年間の苦心が、そのまま私の頸筋に捲き付いて来るような気がしたので……。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)