遺稿いこう02 遺稿02 いこう
この無題の小説は、泉先生逝去後、机辺の篋底に、夫人の見出されしものにして、いつ頃書かれしものか、これにて完結のものか、はたまた未完結のものか、今はあきらかにする術なきものなり。昭和十四年七月号中央公論掲載の、「縷紅新草」は、先生の生前発表せ …
作品に特徴的な語句
かぶっ たと こだま 何処どこか すがた たやす ざっ しい どく 頬被ほっかむ しょう たっ みこ 退すさ むかし やまい あかり 頬被ほおかむり いわん 強雨きょうう おく つらな さかさ こうむ 寂然しん なわた わざ とも 浦添うらぞえ おおき みね かげ 隧道ずいどう くみ かんが つる かさな おこ あか こと どころ うっす もう あるい おのず 打壊ぶっこわ かえ 可恐こわ 挫折ひしお もど 嬰児あかんぼ ちな 日南ひな 活計かっけい こら うら 暴風ぼうふう まき ながれ たいら かすか 廿にじゅう 御堂おどう 思出おもいだ 怪石かいせき 恍惚うっとり 持直もちなお ゆびさ 指示ゆびさ ねじ すわ かか おそ あか とんび 鳩尾みずおち 魔除まよけ まんま 頸首くび ひま 鉄槌てっつい ごう はるか どう 通過とおりす わび なが おどろ 落魄おちぶ ふくら すま 田畝でんぽ じっ 炬火きょか たのし
題名が同じ作品
遺稿:01 「遺稿」附記 (新字新仮名)水上滝太郎 (著)
遺稿 (旧字旧仮名)泉鏡花 (著)