“くゝ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
45.1%
39.2%
10.8%
2.0%
區々1.0%
1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足を投出し居るに九郎兵衞是を見て嗚呼御前ましいは今此湖水に身を投やうか此帶で首をらうかと思ひ居たりと云ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何もの歳だからとて、視ざる聴かざる言はざるをぶわけでは無いが、れば無しといふのはからの通り文句である。
平将門 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
かくてもは解けず、お村の後手りたる縄の承塵らせ、天井より釣下げて、一太刀斬附くれば、お村ははツと我に返りて
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
與「仕様がねえな、んでゝ喋れば飲込むだ、喋らずに」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
數艘軍艦くなつたや、區々たる軍器製造にも、彼等摸傚してでは、到底東洋平和維持し、んで外交上一大權力覺束ない、一躍して、
大学の学生ともあらうものが、この位の事が解らないやうでは、いつそ首でもつた方がだと思つたらしかつた。学者はそつと溜息をついた。
すっかり縛って出られないようにして、中のの柱にって置いて、うして奥の間へ這入ると、旦那が奥の間で按摩取を呼んで、横になって揉ませて居る其処えずっと這入って来て、さア金え出せ
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)