“うな”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウナ
語句割合
58.7%
16.7%
9.8%
3.8%
2.1%
1.5%
0.8%
0.8%
呻吟0.5%
0.5%
首肯0.4%
0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
肯首0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
合點0.1%
0.1%
呻唸0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
夢魔0.1%
0.1%
点頭0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
默頭0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことにっと不思議なことは、晩、登山したものが、この堂宇の裏から陰気な犬の遠吼えのようなりが絶え間なく漏れてくること
天狗 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「よろしい!」男はるやうに云つた。「俺はそれを造るよ。屹度。それを見たらお前は俺がどんな人間か始めて少し分るだらう!」
OH! Glory ! 何という刹那的な煽情! 刺激・陶酔・優超感・されるこころ——このGRRRRと、そしてBUMP!
踊る地平線:04 虹を渡る日 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
初秋日脚は、うそ寒く、遠い国の方へいて、しい山里の空気が、心細い夕暮れをがすなかに、かあんかあんと鉄を打つ音がする。
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
死ぬる日の半月ばかり前に、偶然に行きあったのは、かの、かりそめの別れとすかされて、おとなしくずいて別れた東の御連枝だった。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「キッコ、の木ペン見せろ。」にわかに巡査慶助が来てキッコの鉛筆をとってしまいました。
みじかい木ぺん (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
駿河なる不二の裾廻のおのづから張りつつし及ぶの原かも
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
娘は前掛のはしをくりながら低声でずいたが、そこへ戻ってくると、くるッと向うむきに起ってしまった。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
土屋君、君は左様笑ふけれど、確かに僕の名を呼んだに相違ないよ。風が呻吟つたでも無ければ、鳥が啼いたでも無い。そんな声を
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
さての伴藏は今年三十八歳、女房おみねは三十五歳、に貧乏世帯を張るも萩原新三郎のおにて、或時は畑をい、庭や表のはき掃除などをし
そう言うと「ええ。」と首肯ずいて、目をとじた。二階へあがりかけると、この古い家の梯子段が暗くて、へんな闇のいのような湿けたくさみがした。
音楽時計 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
ドブーンとりを立てて打ちかかって来た、その刹那、彼女は急にお腹の下の方から、真赤に燃えさかっている火の玉が、グングン、グングンとこみ上げて来るのを感じた。
日は輝けり (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
わく溝のれ水
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
掻垂れ髮をじのほとりに束ね、裾短かに素足を蹈んで立つた、帶と襷とに聊か飾りの色を見る許りな、田舍少女ではあれど、殆ど竝みの女を超絶して居る此人には飾りもつくりもいらぬらしい。
古代之少女 (旧字旧仮名) / 伊藤左千夫(著)
夕光のかがよふ舟にかぶし目見おとなしきの牛はも
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「ばが。の家来になど、ならなぃ。殺さば殺せ。」
種山ヶ原 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「君は烟の出る窓の中で、り声を聞いた相だが確かネ」
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
それに、あんまり山が物凄いので、その白熊のような犬が、二疋いっしょにめまいを起こして、しばらくって、それからいて死んでしまいました。
注文の多い料理店 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
あねえでけ、つてあつちへつてからにしろ」勘次性急しくおつぎをめた。おつぎは仕方なくくのもはずにした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
「えゝ、わしやはあ、どうしてえゝもんだかんねえからつてた衣物ねえでうしてつてたんだが」と百姓はいつて、それから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
雪之丞は、青ざめて、美しい前歯に、紅い唇を、噛みしめながら、ろな師匠の言葉に、素直に肯首ずいているのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
と、闇太郎は肯首ずいて
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
大層気むずかしい犬なんです、知ぬ人には誰にでもりますが私しには時々食う者を貰う為め少しばかりかです
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
流石の目科も持余して見えたるが此時彼方なる寝台の下にてらしくるを聞く、是なんて聞きたる藻西太郎の飼犬プラトとやら云えるにして今しも女主人が身をしと見
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
がくるけたるみ、ふくろ
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
がけり、たゆき
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
盲目のお婆さんは、座が定ると、から手拭を出して、それを例のごとく三角にしてつた。暢気な鼻唄が唸るやうに聞え出した。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)
鋭い目付の犬は五六匹門外に集つて来て、に二人の臭気を嗅いで見たり、低声につたりして、やゝともすればえ懸りさうな気勢を示すのであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
二葉亭は底力のある声で「明月や……」とって、や暫らく考えた後
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
連脈のうへに一と高い山が上部は密雲のなかにしたまま、鼠色な腹を示しはじめた。この地方名うての靈山岩木山だなと、わたしは心のなかで合點づいた。
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
杜工部の詩をった時には湖水に掛けた浮き橋を島の方へいつか渡っていた。橋を渡って島へ上り花木の間に設けられてあるの方へ静かに歩いて行った。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
縁側でも呻唸り出す——数百の虫が一斉に離座敷を引包んだようでしょう、……これで、どさりと音でもすると、天井から血みどろの片腕が落ちるか、ひしゃげた胴腹が、畳の合目から溢出そう。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その時、半身を雪に圧されて救助隊の来るまでの一昼夜を動かれぬままに観念してすごした苦しさを思い出しながら、沁々と語る。喜作はかすかに、ウーンとっただけだった。
案内人風景 (新字新仮名) / 百瀬慎太郎黒部溯郎(著)
四肢でく事上手なと生肉を嗜むところから見ると習慣の久しきほとんど天性と成したと見える、孤児院に養われて後も若き狗様るなど獣ごとき点多しと載せた。
夜空に籠った陰惨なりに、お鳥はハッと首を挙げると、縛られた大樹をって幾百の光り。
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
時々これぞという原因もなしに、しきりに懊悩煩悶しまして、頭がぐらぐらします。それに睡眠ができないので困ります。たまに眠ったかと思うと夢魔されるので……
誰? (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
此頃では大概左翼してるが、先生其處からウンとめて熱球げると、がブーンとつてんで有樣、イヤへでもつたら、此世見收めだとふと
カラザースは点頭ずき、ウィリアムソンも肯定した。
永い苦海の間にも精気の緩急があって、○○○の肌が死ぬほどとうしく感ぜられ、それがまるで、大きな波のりの底に横わっていて
絶景万国博覧会 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
から憑司はづきて恐れながら申上げん私し親類とは申せども近頃は一向出入も仕つらず候處傳吉は其の朝にり用事もこれなきに私し方へ參り悴夫婦柏原へ行事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
背きがち、だれがちに差向ったより炉の灰にうつくしい面影が立って、そのい桔梗の無地の半襟、お納戸縦縞の薄色なのに、黒繻珍に朱、群青白群で、光琳模様に錦葉を織った。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
○「冗談じゃアない、これでめられてるものか……皆さん誰か一つ旦那に頼んでおくんなせえな、是から面白え処なんで、今止められちゃア寝てからされらア」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
れほどれるがおやかとせられて默頭づく可愛さ、三年目今日さらにいつものらきがしなり。
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)