“嘈”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うな33.3%
ひし33.3%
ひしめ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嘈”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
是が真実此女の誠心まごゝろならば誰か又此女を所天に勧めて其伯父を殺させし者と思わん、唯之だけにて無罪の証拠は充分なり、流石さすがの目科も持余もてあまして見えたるが此時彼方なる寝台の下にていぬこわらしくうなるを聞く
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
このめづらしき音樂おんがく妙手めうしゆ握手あくしゆほまれんとひしめくのである。
邪魔じやまだ/\と昇降口しようかうぐちへんより追返おひかへさんとひしめく二三船員せんゐんこゑきこえる。