“妙手”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みょうしゅ40.0%
じやうず20.0%
20.0%
めうしゆ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“妙手”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
相州そうしゅう鎌倉地福寺かまくらじふくじ学僧がくそう、一とうりゅうけん妙手みょうしゅとして聞えた慈音じおんというぼうさんのすがたが見えたからである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『なる程。妙手みょうしゅもあるものだの』
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
をりふし鵞鳥がてうのやうなこゑうたうた調しらべは左迄さまで妙手じやうずともおもはれぬのに
其頃そのころ校内かうない運動うんどう妙手じやうずなのと無暗むやみ冐險的旅行ぼうけんてきりよかう嗜好すきなのとで
「ねえ、花世さん、路考ろこうの門弟の路之助ろのすけが、また新作のはやりうたを舞台でうたっているが、三絃さみせん妙手があるのか、いつみても妙だぜ」
顎十郎捕物帳:02 稲荷の使 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
このめづらしき音樂おんがく妙手めうしゆ握手あくしゆほまれんとひしめくのである。