あさ
家の中二階は川に臨んで居た。其処にこれから発たうとする一家族が船の準備の出来る間を集つて待つて居た。七月の暑い日影は岸の竹藪に偏つて流るゝ碧い瀬にキラキラと照つた。 涼しい樹陰に五六艘の和船が集つて碇泊して居るさまが絵のやうに下に見えた。帆 …
作品に特徴的な語句
まは おつか ことは 種々しゆじゆ ちやう 老爺らうや ちう おやぢ ともし しやう きらめ いたづら 追手おひて はづ 一竿ひとさを 突張つつぱ せい をか 住居すまゐ 爺婆ぢいばば そう さいはひ 帆布 さかり 竿さを あが けぶり わし 頓着とんぢやく 主婦あるじ 戯談じやうだん あを 仕合しあはせ 渡船とせん 使つかひ 忙殺ぼうさい 真鍮しんちう まつた みぎは いたづ 朴歯ほほば 引懸ひきか いやし おぶ 橋杭はしぐひ 行程かうてい みん ひろ らく 埠頭はとば 積替つみかへ ゆびさ みどり 成長おほき かか 繁華はんくわ のち おとと 老爺ろうや 松魚かつを 背負せお 岩魚いはな 屹度きつと すくな かか 目眩めまぐる たく 鳥渡ちよつと 丁度ちやうど かみ くだ ぬら やうや ふう 五月いつつき 霍乱くわくらん かい かたよ 金盥かなだらひ はい 瓢箪へうたん すさま すか 別嬪べつぴん かはや かぢ 菰包こもづつみ 襦袢じゆばん 覊絆きづな いきほひ
題名が同じ作品
(新字新仮名)太宰治 (著)
(新字新仮名)竹久夢二 (著)
(新字旧仮名)北条民雄 (著)
(新字旧仮名)牧野信一 (著)