裸身の女仙らしんのにょせん
「姐御」 「シッ、そんな乱暴な口を利いてはいけない」 「成程、今じゃ三千石取のお旗本のお部屋様だっけ、昔の積りじゃ罰が当らア」 芸人風の若い男は、ツイと庭木戸を押し開けて植込の闇の中へ中腰に潜り込みました。 迎えたのは、二十一二の不思議な美 …
作品に特徴的な語句
うな 海藻わかめ かん 差違さしちがい がわ いつわり 白痴たわけ 矢張やっぱ ふた かえ うなり うし ささ 太夫だゆう 数奇すうき 有難ありがと いさぎ うずく たしな かわ 其方そなた じっ そむ 取返とりかえ 受売うけもつ つる 女奴 たび かた 悪戯わるさ すて しば うつ 端女はした いまし 肢体からだ うご 行亘いきわた おど 遍歴へめぐ にわか かす 一寸ちょっと 一縷いちる 丁度ちょうど 主人あるじ なが しま おっ 伸々のびのび 何処どこ 何時いつ しか わず その 其儘そのまま 其処そこ まる かぶ 到頭とうとう 刷毛はけ 単衣ひとえ 古幟ふるのぼり 呑込のみこ 唯今ただいま 四方あたり 団扇うちわ ほか 如何いか めかけ よろ もっと 岩吉いわきち 崩折くずお かば ついで わきま もてあそ 引取ひきと 必死ひっし 忿々ふんぷん 悪巧わるだく