“古幟”の読み方と例文
読み方割合
ふるのぼり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鎮守さまのお祭のときなどには、古幟をついだ天幕張りの小屋をかけ、貴重なる学術参考『世界に唯一人の海盤車娘の曲芸』
三人の双生児 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その晩、信州路を廻って、散々の不入に悩まされた軽業の一座が、安泊りに入る路用もなく、碓氷峠の出口に、古幟を天幕にして、馴れた野宿をして居りました。
裸身の女仙 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
小屋の内を眺めると、何か大きな動物のあばら骨でも見るように雑な丸太組のホッ建て小屋で、無数の藁蓆と、へんぽんたる古幟とあまたのビラと、毒々しい幕と緞帳とで粉飾されています。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)