“古河”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こが87.5%
ふるかわ8.3%
スワンプ4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人は古河の裁判所の書記で、年はもう三十四五、家には女房も子供もあるのだが、根が道楽の酒好きで三日とかかずにやって来る。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
足尾の坑夫のおかみさんたちが、古河男爵夫人に面会を求めるために上京した。
柿の種 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
人間のような棄て猫とがじつに仲好くうようよしてる無秩序そのものの古河LISBOA!