“遍歴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんれき68.4%
へめぐ31.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして、勇敢にして天真爛漫聖天大聖孫悟空や、怠惰な楽天家、天蓬元帥猪悟能とともに、新しい遍歴の途に上ることとなった。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
づ、世界漫遊目的で、横濱出港したから、はじめ米國り、それより歐羅巴諸國遍歴した次第
ましてこれから、知らねえ土地を遍歴って、上州の国定忠次で御座いと云って歩くには、駈引万端の軍師がついていねえ事には、どうにもならねえのだ。
入れ札 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
小「はい、九州辺を遍歴って余程長旅を致し、久々にて御府内へ立帰った身の上でございます」