“日脚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひあし97.2%
ひざし2.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初秋日脚は、うそ寒く、遠い国の方へいて、しい山里の空気が、心細い夕暮れをがすなかに、かあんかあんと鉄を打つ音がする。
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
春の日脚の西にきて、遠くは日光、足尾越後境の山々、近くは、小野子子持赤城の峰々、入り日を浴びて花やかに夕ばえすれば
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
木振賤からぬ二鉢の梅の影を帯びて南縁の障子にり尽せる日脚は、袋棚に据ゑたる福寿草の五六輪咲揃へるに輝きつつ、更に唯継の身よりは光も出づらんやうに
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お峯は苦笑しつ。なる障子の日脚はその小皺の読まれぬは無きまでに照しぬ。髪は薄けれど、の歯通りて、一髪を乱さず円髷に結ひて顔の色は赤きなれど、いと好くきてなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)