“二鉢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたはち80.0%
ふたばち20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空想しながら、花屋店頭にあった二鉢のアネモネは、ある大学生が、って、自分たちをつめてるのにづきました。
花と人の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
宗助はそれからびて、晩食まして、近所縁日御米一所出掛けた。さうして手頃花物二鉢つて、夫婦してつてつてた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
らせば、楣間黄海大海戦の一間程なる水彩画を掲げて座敷のには二鉢の菊を据ゑたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)