“木振賤”の読み方と例文
読み方割合
きぶりいやし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
木振賤からぬ二鉢の梅の影を帯びて南縁の障子にり尽せる日脚は、袋棚に据ゑたる福寿草の五六輪咲揃へるに輝きつつ、更に唯継の身よりは光も出づらんやうに
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)