“袋棚”の読み方と例文
読み方割合
ふくろだな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古風にたり袋棚の戸二三寸明し中より脇差の見ゆれば吉兵衞は立寄て見れば鮫鞘の大脇差なり手に取上を拂て見るに只今人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
袋棚と障子との片隅手炉を囲みて、蜜柑きつつふ男の一個は、彼の横顔を恍惚に見入りたりしが、思堪へざらんやうにせり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
上段の間は、おさ欄間棹縁天床、西面して塗框の本床と、平書院を並べ、その左に袋棚と地袋の床脇がある。