源おじげんおじ
都より一人の年若き教師下りきたりて佐伯の子弟に語学教うることほとんど一年、秋の中ごろ来たりて夏の中ごろ去りぬ。夏の初め、彼は城下に住むことを厭いて、半里隔てし、桂と呼ぶ港の岸に移りつ、ここより校舎に通いたり。かくて海辺にとどまること一月、一 …
作品に特徴的な語句
たの もう つた くび 以前かみ はね うみ めぐ としより はて 明朝あすあさ 翌朝つぎのあさ さだか 突出つきいで 小女おとめ いね いず しわ うし おとがい 男子おのこ 習慣ならい かばね ぬすみ こころ おも 戦慄ふる うも 老人おきな 真青まさお そう 佐伯さいき 無情つれなき 姉妹はらから 行末いくすえ つま いで 渡船おろし あや ほとり きら ぎょう こお 商人あきうど おお はかりごと 慈悲めぐみ 家内やうち さだ 血色ちいろ 蟋蟀きりぎりす ゆび 夜半よわ 横町よこまち 真中ただなか あい おこ つむり ともな 狼狽あわ 渡舟おろし かたぶ 蟹田がんだ 広辻ひろつじ まこと のち 微笑ほほえみ 目送みおく えき いか あや はた おそ なら 生憎あやにく 燈火ともしび ともしび 無人むにん いら 海辺かいへん 洋燈らんぷ 本町ほんまち そそ 自分おのれ 自身おのれ