源おじげんおじ
都より一人の年若き教師下りきたりて佐伯の子弟に語学教うることほとんど一年、秋の中ごろ来たりて夏の中ごろ去りぬ。夏の初め、彼は城下に住むことを厭いて、半里隔てし、桂と呼ぶ港の岸に移りつ、ここより校舎に通 …
作品に特徴的な語句
いそ 錦絵にしきえ ふか 夕闇ゆうやみ たみ 嘆息ためいき 孤児みなしご 布団ふとん 一室ひとま 気兼きが 三人みたり 海辺かいへん 三年みとせ 枕辺まくらべ 幾年いくとせ かつら 千尋ちひろ 床下ゆかした 七歳ななつ 太息ためいき 突如とつじょ 鍛冶かじ 後影うしろかげ 行末いくすえ 真青まさお 七日なのか 出遇であ ゆず 棚引たなび さわ 荒磯あらいそ 根方ねかた 問屋といや 二条ふたすじ 慈悲じひ 妻子つまこ 夜業よなべ 読本とくほん 無人むにん 小供こども 薄墨うすずみ 陰森いんしん 夕凪ゆうなぎ 本町ほんまち 何歳いくつ 渡舟おろし 空耳そらみみ 渡船おろし 俳優やくしゃ 否々いないな 舟子ふなこ 大通おおどおり 賑々にぎにぎ 芥溜ごみため 小女おとめ 道路みち 墓原はかはら 太宰府だざいふ 炊煙すいえん 紀州きしゅう 湖水みずうみ 自身おのれ 八歳やっつ 妙見みょうけん 居眠いねむ 目送みおく 佐伯さいき 侠気おとこぎ 明朝あすあさ 作用はたらき 山彦やまびこ 十年ととせ 男子おのこ 二年ふたとせ 血色ちいろ 無情つれなき 浦人うらびと 海面うみづら 河面かわづら 雪片せっぺん あたた しま 袖乞そでご 豆洋燈まめらんぷ 力士すもうとり 老婦おうな 竈馬こおろぎ 車道くるまみち 幸助こうすけ 広辻ひろつじ 番匠川ばんじょうがわ 蟹田がんだ