“のんど”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
咽喉54.9%
29.4%
9.8%
5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
呼び始終事共委曲し又七樣へを付け其身も咽喉疵付情死と云ひてべしと頼み居たるを長助は物影より是をて大いに驚きながら
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この時魔の如き力はしてその背をつ、人の死と生とはて彼が手中に在りて緊握せらる、欲するところとして得られざるは無し。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
蠎蛇の鳥を呑むときは、鳥自ら飛びて其に入るといふ類にやあらん。この獸の赤き目には、怪しき光ありて、我を引き寄せんとする如し。
これまでなりと観念したる白糸は、持ちたる出刃を取り直し、躍り狂う内儀の目懸けてただ一突きと突きたりしに、いをして肩頭りたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)