“喉輪”の読み方と例文
読み方割合
のどわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
敵の腕は、彼の喉輪を抱き込んだ。そのまま、二つの体が弓形になって、だだだだと、へよろめいた。右衛門七は、声も出せない。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
忠一は左に敵の腕を押えて、右の手で敵の喉輪を責めた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
、朱をそそいで太くらませた武松の首から、ぱんと首カセの蝶番いがね、喉輪の邪魔物は、二ツになって飛んでいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)