“喉元”の読み方と例文
読み方割合
のどもと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手負はうんとばかりにのたりまわるを、丹治は足を踏み掛けて刀を取直し、喉元をプツリと刺し貫き、こじられて其の儘気息は絶えました。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
窮厄におりながら、いわゆる喉元過ぎて、熱さを忘るるのい、たてや血気の壮士は言うもなり、重井葉石新井稲垣の諸氏までも
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
それがどう云うものか、云おうとするとたちまち喉元にこびりついて、一言も舌が動かなくなってしまうのでございます。
疑惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)