疑惑ぎわく
今ではもう十年あまり以前になるが、ある年の春私は実践倫理学の講義を依頼されて、その間かれこれ一週間ばかり、岐阜県下の大垣町へ滞在する事になった。元来地方有志なるものの難有迷惑な厚遇に辟易していた私は、私を請待してくれたある教育家の団体へ予め …
作品に特徴的な語句
ばた あきらか あかる 請待せいだい つめ ことば とも 手当てあた さいな おびやか 気息いぶき あざやか しゅ 清興せいきょう 明日みょうにち 遠近えんきん すさ ぜん 一寸いっすん にお はじ つり おびや まつ うしろ 一言いちごん 三層さんぞう 亀裂きれつ うつ 板木ばんぎ 顔色かおいろ 今日きょう しきり きよ ひま あいだ すう ただ 卓子テエブル さぐ かめ かか うらみ 墨色ぼくしょく あわただ 夜中やちゅう たたみ まば こも おれ いま くら ひさし わたくし 御任おま のち おもむろ いたずら 殺害せつがい もた 気鬱きうつ 濃尾のうび 火粉ひのこ 無下むげ 無惨むざん すす 獅噛しが 用捨ようしゃ 町方まちかた うと 疑惑ぎわく 白壁しらかべ 難有ありがた 親許おやもと 起臥きが 躊躇ちゅうちょ 辟易へきえき 逐一ちくいち 逡巡しゅんじゅん 金粉きんぷん 錦襴きんらん 驚愕きょうがく 鼈甲べっこう 黙然もくねん 黒煙くろけむり からす かしら 霊活れいかつ ほお
題名が同じ作品
疑惑 (新字新仮名)江戸川乱歩 (著)
疑惑 (旧字旧仮名)南部修太郎 (著)