疑惑ぎわく
「お父さんが、なくなられたと、いうじゃないか」 「ウン」 「矢張り本当なんだね。 だが、君は、今朝の○○新聞の記事を読んだかい。一体あれは、事実なのかいオイ、しっかりしろよ。心配して聞いているのだ。何とかいえよ」 「ウン、有難う。……別にい …
作品に特徴的な語句
こう おもわ こっ あやぶ ふん ほっ 矢張やっぱ かん きっ うしろ あやし うたぐ こまか にん わずか すべ うけ 合点がってん いぶか のち なま うらみ さら きま げき ため しま こう 一驚いっきょう うち しま たがい 人外じんがい 仔細しさい うかが おれ 入用いりよう 古顔ふるがお 咄嗟とっさ 喧嘩けんか かたまり ほか 夜半よなか 大分だいぶ 大概たいがい さまた うち 家長かちょう もっと 平常ふだん さいわい 幽囚ゆうしゅう 度々たびたび 形相ぎょうそう 後手うしろで ふところ 所謂いわゆる 打開うちあ 拍子ひょうし 提燈ちょうちん おの 昨日きのう 智慧ちえ 暗々あんあん しばら 曲者くせもの 根許ねもと 格子こうし わざ 横浜よこはま 樹立こだち くし まさ こと 沐浴もくよく 浴衣ゆかた 無論むろん 煩悶はんもん もの 生傷なまきず 盗人ぬすびと そう 真暗まっくら
題名が同じ作品
疑惑 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
疑惑 (旧字旧仮名)南部修太郎 (著)