みち
○○郡教育会東部会の第四回実地授業批評会は、十月八日の土曜日にT——村の第二尋常小学校で開かれる事になつた。選択科目は尋常科修身の一学年から四学年までの合級授業で、謄写版に刷つた其の教案は一週間前に近村の各学校へ教師の数だけ配布された。 隣 …
作品に特徴的な語句
ちひさ しめ わし 白痴きちがひ 洪水みづまし しまひ こはば ぴど うつ おの しほ うづも つくば ふう 費用つひえ 矢張やつぱ 漸々やうやう ゆすぶ あわて 彼方あつち 騒擾どよめき づら 間隔あひだ やつ 何人なにびと しやが 起臥ねおき はづ 結末おしまひ じつ たち おまけ 矢張やつぱり 父親おやぢ かす あと 水槽みづぶね 始終しよつちゆう 帽子シヤツポ おら 一層いつそ 道化おどけ ほとり 何方どなた ただ には おつ 羅紗ラシヤ おとな たし さも 眇目かため 瘋癲ばか ぢい 可笑をかし 水底みづそこ 此方こつち あかる 扮装みなり さま つま 遂々たうたう ころが さは 美味おいし 種馬しゆば はしや 水薬すゐやく 此間こなひだ 挙動そぶり かか 戯談じやうだん いきどほ 悪戯いたづら こは うしろ 幸福しあはせ まは りき ぜん 大概あらまし 夕照ゆふばえ 先方むかう せん いつも 余程よつぽど こご 周匝まはり 周章うろた 帰途かへり あて
題名が同じ作品
(新字新仮名)織田作之助 (著)
道:――ある妻の手紙―― (旧字旧仮名)水野仙子 (著)