みち
○○郡教育会東部会の第四回実地授業批評会は、十月八日の土曜日にT——村の第二尋常小学校で開かれる事になつた。選択科目は尋常科修身の一学年から四学年までの合級授業で、謄写版に刷つた其の教案は一週間前に近 …
作品に特徴的な語句
裸足はだし 耄碌まうろく 薄縁うすべり 為方しかた 片唾かたづ 一歩ひとあし 渓川たにがは 真平まつぴら 彼是かれこれ 起臥ねおき 遂々たうたう 一群ひとむれ あと 夕暗ゆふやみ 反古紙ほごがみ 衣嚢かくし 汽船ふね 家並やなみ 隣村りんそん 痘痕あばた 騒擾どよめき 道化おどけ 為様しやう 花崗石みかげいし 厩舎うまや 真個ほんと 陰影かげ 彼此かれこれ 細雨こさめ 水底みづそこ 総角あげまき 白墨チヨオク 納戸色おなんどいろ 水槽みづぶね 年長としかさ はしや 分疏いひわけ 断々きれぎれ 莫大小メリヤス 補布つぎ 飲酒家さけのみ 体中からだぢゆう 遺失おと 間隔あひだ 眇目かため 半里はんみち 真箇ほんと 山村さんそん 洟水はなみづ 無気なげ 瘋癲ばか 水薬すゐやく 其処辺そこら 可加減いいかげん 貴方方あんたがた ボタン 眼光まなざし 追駆おつか 吝嗇家しみつたれ 周匝まはり 涼気つめたさ 費用つひえ 町歩ちやうぶ 窓側まどぎは 葡萄茶えびちや 居村きよそん 雀部ささべ 夕照ゆふばえ 種馬しゆば 一二いんに 橄欖色オリイブ 老妻ばばあ 結末おしまひ 後頭うしろ 里道りだう
題名が同じ作品
(新字新仮名)織田作之助 (著)
道:――ある妻の手紙―― (旧字旧仮名)水野仙子 (著)