“種馬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たねうま50.0%
しゅば25.0%
しゆば25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
種馬にはなりたいものさ。僕等は結婚式でも三日が精々だが、支配人の養子となると扱いが違う。二ヵ月はし世界中の記録だろうね」
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
瑞暲北宝も見えざるを以て、或は昨夜熊害の馬匹にも及ぼす事あるかとて、王藏に命じて尚馬匹を集めて調査するに、瑞暲北宝両種馬の見えざるをもって深く案じたるも
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
其処には村の誇りにしてある高価な村有種馬が飼はれてあつた。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)