“瑞暲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ずいしょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“瑞暲”を含む作品のジャンル比率
産業 > 畜産業 > 畜産史 事情100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
瑞暲ずいしょう北宝ほくほうも見えざるを以て、或は昨夜熊害のたの馬匹にも及ぼす事あるかとて、王藏に命じて尚馬匹を集めて調査するに、瑞暲北宝両種馬しゅばの見えざるをもって深く案じたるも、両種馬は遥に群馬中に見えたり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)