女婿じょせい
清之介君の結婚式は二ヵ月かゝったというので未だに一つ話になっている。新夫婦は式後愛情真に濃かに、一ヵ月と二十何日というもの絶対に引き籠っていた。余り念が入った所為か、清之介君はその揚句初めて出勤する時、ネクタイの結び方を忘れてしまった。こん …
作品に特徴的な語句
うつ こと 良人りょうじん あでや ぱし めん ゆすぶ 機会きっかけ わき あぐ はた 口籠くつこ 彼方あっち とど くら ほのめ ひと めい 天道てんと 如何いかが さす こまや あんま 先方むこう 噴嚔くしゃみ くしゃみ 大事おおごと さい きま 富裕ゆたか 帰宅かえり おもむろ 悉皆すっかり 悪寒さむけ わざ よんどころ 最早もう 枕頭ちんとう 次第わけ まこと しん たま くび いやし けだ おそれ 記録レコード 配偶つれあい しきり 顔容かんばせ 風気かざけ 一寸ちょっと 他人ひと 以前もと 偶〻たまたま ひが 剽軽ひょうきん 反対あべこべ 只管ひたすら 吉兆きっちょう 吹聴ふいちょう 咳嗽せき 唐突だしぬけ ただ 女婿じょせい あによめ かかあ 小煩こうるさ 少時しばらく 就中なかんずく つく きっ かさ うま 布片きれ 布衍ふえん 御幣ごへい かす 性質たち つつが 態〻わざわざ 所為せい 折半せっぱん はかど さら 時稀ときたま いわ 机辺きへん