“小煩”の読み方と例文
読み方割合
こうるさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あの伯母御もよくよく世話焼きじゃと見えて、何の小煩いことじゃ。白粉嫌いの殿様が面倒な女房などを滅多に持たりょうかい。わはははは」
番町皿屋敷 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
殊に自分が何か屈託があって良人が小煩い時には然う一々返辞をするものでない。若しそれがお気に召さなくて
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
お大はハツと思つたが、小煩くなつて
絶望 (旧字旧仮名) / 徳田秋声(著)