“のち”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノチ
語句割合
97.5%
後刻1.1%
以後0.3%
0.2%
子孫0.2%
後日0.2%
後來0.1%
後年0.1%
最後0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
また出てしょうと思いやあがって、へん、そう旨くはゆかないてや、ちっとのの辛抱だ。後刻に来て一所に寝てやる。ふむ、痛いかを見ろ。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かく惚苦めたまひし時に、稽首白さく、「は今よ以後、汝が命の晝夜守護人となりて仕へまつらむ」とまをしき。
下学集より五十三年の明応五年林宗二(堺の町人)節用集を作り、文亀のころの活字本あり。これいろは引節用集の権輿也。
父親は太郎からそれを聞いて、「他よりあらわれなば、この家をもされん、子孫の為には、不孝の子一人からじ、は訴えでよ」と云って大宮司へ訴えさした。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
まだ世人の記憶に新らしいその事件の内容を、しく此処に並べないでもいいようにも思うが、けれども、ずっと後日に読む人のためには必要があるだろう。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
くする樣此後は店へ來る共り心安く致すべからずと申し付て後來をぞめ置たりける扨又重四郎は一兩日て色よき返事を聞んものと穀屋へ來りの如く店へ上りて種々しなどけれ共小僧を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いずれにしてもその思切って大胆な、同時に透き通るほど細心な行き方は、後年になって、その恐るべき実験の経過報告を、当の相手の面前に投出した手口によっても察しられるではないか。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
お雪の奴、いま頃は何処に何うしているだろう? 本当にいているか。嫁いていなければ好いが、嫁いて居ると思えば心元なくてならぬ。最後には自分からを振切って行って了ったのだ。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)