“節用集”の読み方と例文
読み方割合
せつようしふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下学集より五十三年の明応五年林宗二(堺の町人)節用集を作り、文亀のころの活字本あり。これいろは引節用集の権輿也。