“娘節用”の読み方と例文
読み方割合
むすめせつよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先ず「娘節用」が序開きで、それから「春色梅ごよみ」「春色辰巳園」などというものが皆んなの眼に這入って、お近さんまでが狂訓亭主人の名を識るようになると
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)