“耕地”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうち50.0%
かうち33.3%
はたち16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水田のかぎりなく広い、耕地の奥に、ちょぼちょぼと青い小さなひと村。二十五六戸の農家が、雑木の森の中にほどよく安配されて、いかにもつつましげな静かな小村である。
落穂 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
青田畦畔には處々萱草いて、くとては村落少女やさないでも、んではいて朱杯點々耕地るのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
提灯で地面を振り照らすと、「ご覧なされ足跡が、土手下の耕地を両国の方へ、走っているではござらぬかな。さて何者の足跡でござろう?」
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)