蜜柑みかん
お婆さんはもう我慢がしきれなくなって来た。けれども彼女は、しばらくの間を薄い襤褸布団の中で、ただ、もじもじしていた。 厚い板戸を隔てた台所の囲炉裏端では、誰か客があるらしく、しきりと太い話し声がやりとりされている。折々大きな笑い声も洩れて来 …
作品に特徴的な語句
おど にし くびた いきげ ふう つれ 大変おっかねえ 婆様ばんさま 新田にいだ あった わけ しゃが ひろ 此方こっち 爺様じんつぁま くだ つと ばば けえ やす 正午おひる ちぢ ごと しゃが へん かす 静寂せいじゃく 飴玉あめっこ 一入ひとしお どんぶり ほの せがれ 低声こごえ 余韻よいん うなが 俺家おらえ つぶや 咽喉のど 土瓶どびん 垢切あかぎれ 垢染あかじ 婿むこ 嫁御よめご へや 寂寞せきばく 寂寥せきりょう 布片きれ わずら たし ふところ 手綱たづな こしら しぼ 日向ひなた 杜絶とだ 来春らいはる すす ゆが 毛繕けづくろ はな 涙滴るいてき うる 犇々ひしひし ひと 独身ひとりみ くろ 田畑たはた ひび まぶ 眼叩まばた 睫毛まつげ まぶた たた 稲鳰いなにお やつ ふし 節々ふしぶし 篠竹しのだけ かゆ 粥鍋かゆなべ ひも 繁叩しばたた まと 美味うま
題名が同じ作品
蜜柑 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)
蜜柑 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)
蜜柑 (旧字旧仮名)芥川竜之介 (著)