千鳥ちどり
千鳥の話は馬喰の娘のお長で始まる。小春の日の夕方、蒼ざめたお長は軒下へ蓆を敷いてしょんぼりと坐っている。干し列べた平茎には、もはや糸筋ほどの日影もささぬ。洋服で丘を上ってきたのは自分である。お長は例の泣きだしそうな目もとで自分を仰ぐ。親指と …
作品に特徴的な語句
はずみ はすかい 昨日きんにょう ほつ はず あでや 地方じがた つぶ 対岸むかい ちご とも なつか うで 気色けはい あが 先達せんだって くろ たか もとづ 夫妻めおと おだ せな うしろ 脆弱ひよわ つかま こと 提灯ぢょうちん 算用さんにょ 築地ついじ かんむり まぶ おんな つつみ ふさが とも 灯籠どうろう しん 悪口わるくち あかり ひろ 漁船りょうせん ゆびさ あが えん だま あくび 更紗サラサ きま すすき とま かまど とう 竜胆りんどう 箪笥たんす かんざし 紅絹もみ ひも から こん 絆天はんてん から 綺麗きれい しま 縮緬ちりめん つな めぐ まと むれ あく かざ つら 脱殻ぬけがら ふく なか しり つや 花弁はなびら こけ くき さい むしろ ふた もや 面輪おもわ あご