“算用”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんよう80.0%
さんにょ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
米の算用は、百姓ばら自分の米ならば、十層倍にして、後に取らすき者也。急げ急げと、御自身、お触れ候。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
良人小松原東二郎西洋小間物ばかりに、あまる身代かして、さりとは當世算用らぬよしに、戀女房のおばしこさ平手んで
うらむらさき (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「親が二十で子が二十一。どこで算用たやら」
千鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)