“算術”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんじゅつ81.3%
さんじゆつ18.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といわれるので、長吉落第してはならないとって、ってからも、その学校ってきた算術はかならず復習いたしました。
残された日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
の日学校の一時間目は算術でした。キッコはふとああ木ペンを持っていないなと思いました。それからそうだ昨日の変な木ペンがある。
みじかい木ぺん (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
ぐことゝることサ、無論めから』と海龜へて、『それから算術の四、——野心亂心醜飾、それに嘲弄
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
讀者初期微動時間だけをつて震原距離計算してすことは、算術のたやすい問題たることを氣附かれたであらう。實際われ/\はこの計算つの公式ひてゐる。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)