“算筆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さんぴつ85.7%
さんひつ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平太郎は知行二百石の側役で、算筆に達した老人であったが、平生の行状から推して見ても、を受けるような人物では決してなかった。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
本當のこんだよ、さん。算筆出來るものは、よりにねえんだからね。非道にやない」と眞面目細君首肯つた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
藩中に商業行わるれば上士もこれを傍観するに非ず、往々に資本をす者ありといえども、如何せん生来の教育、算筆くして理財の真情を知らざるが故に、下士に依頼して商法を行うも
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)