“亂心”の読み方と例文
新字:乱心
読み方割合
らんしん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知ぬとは扨々可笑や/\と笑ひ狂ふにぞ越前守殿も有べし當人は如何にも亂心ゆゑ入牢申付ると云渡されけり其後又奉行所へ梅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
さて其外では、であらうか? 性根れぬ亂心……をもむる。……砂糖漬にする。さらば。
ぐことゝることサ、無論めから』と海龜へて、『それから算術の四、——野心亂心醜飾、それに嘲弄
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)