枯草かれくさ
花も実もなき枯草の一篇わが親愛なる諸兄に捧ぐ 草に咲くさへ 毒の花 罪の花みな 紅からむ 羽うるはしき 例の童が 罪の矢ならば 美しかろ 唇にふれなば 倒るべき 毒の花なら 甘からむ 雲の香沈む有明の 月の森よりそと出でて 麦の緑の岡に立ち …
作品に特徴的な語句
よろ 永久とこよ 生活いのち たた をはり 女郎じよろ 家人ひと たたかひ ひえ 何方いづく 太陽あまつひ ふし ちさ 逍遙さまよひ しゆう 真珠まだま 乙女かむろ 生活なりはひ うららか 一夜いちよ しも あくた いたづら 慰藉なぐさ 有情うぜう あい 金屏きんべい かむり おもひ 武士さむらひ なれ 一夜あるよ 下婢はしため 使つかひ くち うしほ はい しつち きか 蚯蚓みみづ ねら かほ ひびき どり しか くち ゆふべ 小鳥とり さち おもひ 昨日きのふ 時雨しぐ たのし 水車みづぐるま ながれ 盲目めしひ 萬象もの うた あし 雛壇ひなだな 静夜しづよ もづ 一夜ひとよ 九歳ここのつ 今朝けさ たたず 何誰どなた 去年こぞ 嗚呼ああ つちか 天地あめつち はざま おの いち とばり つる 彼方かなた 後朝きぬぎぬ 故郷ふるさと 敢果はか 日月じつげつ いとま おぼろ 来栖いけす 東雲しののめ 欠伸あくび 潮来いたこ 炎陽かげらふ 父母ちちはは 牧場まきば 甘眠うまい 白銀しろがね