“東雲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しののめ74.0%
しのゝめ20.5%
とううん2.7%
あけぼの1.4%
シノノメ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……式の最初、住吉東雲に、女紅場で支度はしたが、急にお珊が気が変って、へ参らぬ、と言ったために一人俄拵えに数をやした。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
可笑可憐なる事可怖き事種々さま/″\しがたし。やう/\東雲りて、水もたりとて諸人安堵のおもひをなしぬ。
ついては、お前の幼名が光蔵というから、その光に、わたしの東雲の雲の字を下に附けて光雲としたがよろしかろう。やっぱり幸吉のコウにもっているから……
数丈の高さに昇ると見る間に、今まで朦朧たるその人影は、煙火の如く、燦々たる光を纏うと共に、紫匂う振り袖に、東雲染めの袴を穿き、したたるような若衆髷の、若衆の姿が現われた。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)