“光蔵”の読み方と例文
読み方割合
みつぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ついては、お前の幼名が光蔵というから、その光に、わたしの東雲の雲の字を下に附けて光雲としたがよろしかろう。やっぱり幸吉のコウにもっているから……
光蔵という語音が呼びにくいのでに通わせて幸吉と呼ばれていました。
私は、その頃の幼名を光蔵と呼んでおりました。