台川だいかわ
〔もうでかけましょう。〕たしかに光がうごいてみんな立ちあがる。腰をおろしたみじかい草。かげろうか何かゆれている。かげろうじゃない。網膜が感じただけのその光だ。 〔さあでかけましょう。行きたい人だけ。〕まだ来ないものは仕方ない。さっきからもう …
作品に特徴的な語句
何処どご れき みつ うし むこ 上流じょうりゅう 温泉おんせん おら きず 石灰せっかい かわ いそ 岩石もの たい 一度いちど りょう 気持きもち ぐつ のぼ よこ せき ひら ため 道路どうろ やわ さわや 北側きたがわ 去年きょねん たば かる ふく 地味ちみ ななめ だれ こす 禿はげ りょう じつ 立派りっぱ むす きゅう 結局けっきょく かなら つづ しば 流紋りゅうもん あさ 浸蝕しんしょく ふか ふち 混雑こんざつ わた たに わた すべ たき つぶ たき はい もの 甘酸あまず 生徒せいと はたけ のぼ 石英せきえい 硅化けいか 礫岩れきがん 禿 あな 空想くうそう わら ほうき 節理せつり かん 粘土ねんど 結晶けっしょう あみ 網膜もうまく みどり ゆる しま 造林ぞうりん はこ
題名が同じ作品
台川 (新字旧仮名)宮沢賢治 (著)