“ものう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
56.4%
物憂22.1%
8.7%
物懶6.9%
物倦1.7%
物売1.0%
0.7%
0.7%
物惰0.7%
倦怠0.3%
物疎0.3%
物鬱0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
くほつとしたもちになつて、卷煙草をつけながら、をあげて、してゐた小娘を一した。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
物憂げに見える、眠っている、皆過去の感じである。そうしてその中に冷然と二十世紀を軽蔑するように立っているのが倫敦塔である。
倫敦塔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
筆を執りて文を草することも出来しなり、されどこのごろは筆を執るもくてただおもひくづをれてのみくらす、誠にはかなきことにこそあれ。
二葉亭四迷の一生 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
犬は宏子を見ると、寝そべったまま、房毛の重い尻尾を物懶そうにふった。その途端女中部屋から、声をあわせて笑声が爆発した。
雑沓 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
そう促して、共に箸を手にしたのであったが、青年は至って物倦げな様子で、その貴族的な顔に疲れの色を浮べ、ほとんど食わないと云っていい位少食だった。
自殺を買う話 (新字新仮名) / 橋本五郎(著)
まだ朝霞がたちこめているので、おおかた薪拾いの小僧か、物売りだろうくらいに思っていた蛾次郎は、だんだん近づいて見てびっくりした。どうも、それは鞍馬竹童らしい。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われは只管に恍惚として夢の中なる夢の醒めたる心地となり、何事も手に附かず、夕餉の支度するもく、方丈の中央仰向きにね伸びて、眠るともなく醒むるとも無くて在りしが、
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
くもき空の中にどろんと溶けて行こうとする。過去はこの眠れる奥から動き出す。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
寒気のために五臓まで締めつけられたような君たちは口をきくのさえ物惰くてできない。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
男女の朝鮮人の農民が、ぼんやり集まって、倦怠そうに路上に立ったりしゃがんだりしている。みな朝鮮服で、長煙管をふかしている者、洋傘をさしているものもある。
たゞ折々るものは豌豆い日にけてか、草間私語やうな音、それでなくば繁茂物疎さうに羽搏をする羽音ばかり。熟過無花果がぼたりと落ちる。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「しかし」と小一郎はやや物鬱く、「競争になるかも知れませんなあ」
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)