“だる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ダル
語句割合
32.0%
19.0%
14.0%
9.0%
倦怠8.0%
5.0%
4.0%
4.0%
惓怠2.0%
1.0%
懈怠1.0%
1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三吉は三升をブラ下げて、艪にみました。五十六七、すっかり月代が色付いて、鼻も眼も口もびた、剽軽な感じのする親爺です。
切迫した、ぐような、内心でなにかと闘っているような表情をしていたが、やがて、笑いの消えた顔を、そうに縦に振った。
地虫 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
私はい毎日を二階に送っていたが、時々階下へ行っては、おかみさんの洗濯や、買ものに出かけたときに、少しずつ用足しをしていた。
音楽時計 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
それで寒いいも言わず、鬼の首を取りもしたかのように独り北叟笑んで、探梅の清興を恣にする。
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
ある日、女は、森に来て、かの怪しな鳥が、倦怠そうに大きな、光沢のある、柔らかな翼を、さも持てあまして、二羽が、互にれ合って巣を作っているのを見ていた。
森の暗き夜 (新字新仮名) / 小川未明(著)
来るべき猛暑を思わせて、何となくい日が八百八町につづいている頃、本郷は追分のさき、俗に鰻畷と呼ばれるところに。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
お島はベンチに腰かけて、い時のたつのを待っていた。庭の運動場のった桜の葉が、もう大半み枯れて、秋らしい雲が遠くの空に動いていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
発熱前の身体はザワザワと、なんともいえぬい気持がします。
仁王門 (新字新仮名) / 橘外男(著)
代助は、しばらく、それを読んでいたが、やがて、惓怠そうな手から、はたりと新聞を夜具の上に落した。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
……もう九時になったか、と、時計の方へやった眼をまた入口の方へやった。青いそうに垂れて、土室の中に漂うた酒と煙草のを吸うていた。
水魔 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
七日間の餓は犬の瞼を重く懈怠くした。莨の煙が旅人の餓を薄らがした。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
あくる朝はなんだか気分がくなかった。ゆうべよく眠れなかったのと、寝衣で夜露に打たれたのとで、からだがいようにも思われた。
両国の秋 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)